Posts

Showing posts from July, 2013

これからどうする―シロシベリトリートの作り方

Image
もう7月半ばだ。何がしたいか分からないまま始まってしまったシロシベ・リトリート、これからどうするか考えているところで、岩波書店から「これからどうする―未来のつくり方 」という本が出た。228人の著者が書いてて、持ち歩くのをためらう672ページ。今年は本を買わないことにしてたけど、どうせ今年の抱負は実現してないことばかりなので、東京丸の内の丸善で平積みになってたのを買ってしまった。

柄谷行人、内田樹、上野千鶴子、養老孟司、山折哲雄、鎌田實、嘉田由紀子、金子勝、今中哲二、國分功一郎、孫崎享、赤川次郎、暉峻淑子、想田和弘、湯浅誠、平野啓一郎、平田オリザ、原研哉、などなど、気になってる人がたくさん書いてて、それぞれ数ページずつなので飽きずに読めた。

メモしておきたいことはいろいろあったけど、シロシベリトリートに関係することで、グッときた部分をメモ。

原研哉。
「家」は、エネルギーや移動、複合化する家電、成熟マーケティングや美意識資源など、様々な産業を融合させることのできる可能性の塊である。これまで「家」が面白くなかったのは、土地と繋がって値上がりする金融商品的な性格を色濃く持っていたために、庶民は皆、間違いのない無難な家の買い方を余儀なくされてきたからである。地価も安定し、物件の再利用も含めて、生活者が主体的に家を構想できる住宅リテラシーが高まってきた現在、家は自分たちの暮らしを充足に導くものであり、伝統や美意識を発露させる対象にもなる。(中略)「シェア」という概念にも深化がおこるだろう。幸福の根拠が個の自由に帰する時代を経て、一人だけ、我が家だけという利己よりも、互いの存在が豊かさや幸せの背景をなすという考え方が芽生えてきそうだ。コミュニティを義務的な集団ではなく、豊かさを支え合う人的連鎖と捉える感覚。共同でキッチンや食堂、カフェを持つとか、広い共同浴場を持つような発想の背景にはこのような感受性が働いており、シェアリング・コミュニティがその先に見えてきている。3.11を経て、こういう傾向はいっそう強まってきた。 「家」「シェア」「発露させる場所」そう、まさにリトリートのキーワード。「物件の再利用」っていうのも重要だと思う。富士通総研のレポートによると、「新設住宅戸数、純滅失戸数ともに現状維持のケースの場合、2028年の空き家率は23.7%となる。」だそうで…