Posts

Showing posts from March, 2009

シュレッダーズ・ハイ

Image
今日は年度末、しかも大学院生として最後の年度末です。夜、大学に行って荷物を片付けてました。というか捨てました。2時間ずっとシュレッダーに紙を入れ続けました。シュレッダーで紙をバラバラする作業自体はとても気持ちよいのですが、数年前の書類を見れば様々なことが思い出され何となく寂しい気持ちにもさせられます。一方で妙に高揚もします。

今日の夕方、実家で飼っていた犬が亡くなったと母からメールが届きました。20年間生きた犬で、僕が小学生の時に家にやってきた犬です。もちろん色んなことを思い出します。

生まれたり死んだり始まったり終わったり、ここ数ヶ月、僕の周辺ではとても大きな出来事が続きます。どれも後々重要な意味を持つであろうとても大きな出来事ばかりなんだろうとは思いますが、渦中にいるとなかなか一つ一つについてゆっくり考えたり味わったりということができません。

ゆっくり考えようとしても、最近の僕は目を閉じると5秒で寝てしまいます。

名刺

Image
登記の手続きが終わってるのかどうかも分からないまま名刺を作って発注してしまいした。Illustrator データ入稿で即日配送、白黒両面100枚で840円。自分で印刷するより簡単できれいで早くて安いですね、間違いなく。夕方に申し込んで、さっき「佐川急便で出荷しました」というメールが届きました。佐川急便の「お荷物問い合わせサービス」には「22:19 越谷店を出発致しました。配達店へ輸送中です。」だそうです。明日には届いてしまうんですね。しばらく受け取れないわけですが。

義祖母

今朝、義祖母が亡くなりました。
明日の夜、広島に行きます。

Call me シャチョサン

そういえば一昨日、卒業式の合間に、会社の登記申請書類一式を大津地方法務局東近江出張所に郵送しました。

会社設立マニュアルには、法務局は統廃合が多く、不動産登記と商業登記の部門があったりなかったりするので、事前に電話で確認しましょう、と書かれていたので郵送する前に電話しました。

「株式会社の登記申請をしたいのですが、郵送でも大丈夫ですか?」
「はい、大丈夫です。」
「送ってくれはる定款なんですけどね、公証人さんの認証はお済みですか?」
「定款は謄本ですか?」
「手続きの後に返送を希望される書類はあらはりますか?」

などと流暢な江州弁でいくつか確認されます。

「登記申請書と収入印紙の台紙はホッチキスで止めておけばいいんですか?」
「はいそうです。2枚の紙のつなぎ目に割り印をしていただく形になります。」
「割り印は個人実印ですか?」
「ええと、ほれはシャチョーさんの会社の実印になります。代表取締役印です。」

さらっとシャチョーさんと呼ばれてしまいました。

で、まあ、一式封筒に入れて速達書留で送りました。書類が法務局に届いた日が会社の設立日になるそうで、学位授与の翌日が設立日だとちょっとかっこいいかと思い、速達で送りました。でも、結局昨日一日何も連絡がなく、ちゃんと届いているのかちょっと不安です。っていうか、連絡しますなんてことは何も言われてないですし、マニュアルにもそんなことは書いてないので、これでもう登記手続きが完了してたりするんでしょうか。とはいえ、他にやることがいっぱいあるので、数日このまま放置して様子をみます。

I got PhD

生演奏で始まります。


えらい先生たちの入場です。


東大の歌。入学式で聞いて以来、聞くの2回目です。


アカデミックドレスを来て式に参加しました。感慨深く、身の引き締まる思いがします。そして何と言っても、ここまで支えてくれた人たち、とりわけここまで育ててくれた家族への感謝の気持ちがこみ上げます。式に参加できない家族にこの姿を伝えなくてはならいと思い、すぐに写真をアップしました。きっと喜んでくれるんだろうなぁ、ひょっとして感動して涙ぐんでたりするかもしれないなぁ、こういうときは恥ずかしがったりせずに感謝の気持ちを言葉にして伝えないといけないなぁ、などと思い、帰宅後、実家に電話しました。すると受話器から聞こえてくる言葉は予想に反して、

「おもしろい写真、おおきに。」

「みんなでゲラゲラ笑わせてもらいました。」

「笑えるってかわいそうになぁ。頑張ったのになぁ。あれ、ハリーポッター?...うぷぷ。」

ちょっとさぁ...。
別に感謝とかしてませんから。

愛称:はなこさん

Image
花粉が飛び交う季節、皆様ますますご健勝の事とお喜び申し上げます。いやほんとに。

いろんな花粉対策をしてみたり、薬を飲んでみたり、あきらめてみたり、いろいろやってみますがどうしてみてもこの季節は鬱陶しいものです。いろんなことが手につかず、思わず「花粉」でググったりもしてしまいます。そして見つけた「環境省花粉観測システム(はなこさん)」。

この季節の花粉症の人間の苛立ちや攻撃性の火に油を注ぐかのようなデザイン、色、フォント、愛称...。どこに愛称を自分で宣言する必要性があろうか。愛されたいとでも思っているのか。それで愛されるとでも思ったか。花粉症をバカにしてるのか?「このシステムに愛称をつけみてはどうか」などと言い出したおっさん、花粉症になってしねばいいのに。

...冗談ですよ。
でも真面目な話、もうちょっと花粉症患者の感情に配慮したサイトにして欲しいものです。ちゃんとしたデザイナーを雇ってください。こんなウェブサイト二度と見たくはありません。

変態設立事項

Image
ひきつづき登記の準備をしています。

残りの書類はほとんどコピペで作れるはずなのですが、楽に作れるからといってやる気が出てくるかというとむしろ逆で、目新しいことがない作業は億劫になりがちです。そんな中、目新しい言葉を発見しました。変態設立事項。ぷぷ。
変態設立事項とは、会社の設立に際して、現物出資を行う場合など定款に記載するとともに、原則として裁判所に選任された検査役の検査を受けなければならない事項のこと。現物出資以外に、財産の引受け、発起人の受けるべき特別の利益、報酬についての定款上の定めなどが変態設立事項にあたる。
要するにイレギュラーな定款記載事項のことらしいです。残念ながらシロシベの場合、現物出資や財産引き受けがないノーマルな会社です。うれしがるポイントが中学生レベルなのは自覚しています。「変態」って言葉、例の変態以外にも、Wikipedia に「曖昧さ回避ページ」ができるほどいろんな場所で使われてますが、「変態」という言葉はいつどこでどのように使われ始めたのでしょうか。

20km/h

Image
今週はよく移動しました。ずっと移動してました。月曜の夜に滋賀の実家に移動、翌朝京都に移動、京都での調査終了後に東京に移動、水曜は東京にいて、木曜の夜に急遽浜松に移動、浜松泊で金曜は浜松で調査、その夜滋賀の実家に移動、土曜に広島に移動、そして今日はこれから夜行バスで東京に移動します。全部で3000kmくらいでしょうか。今週の平均時速は約20km/hです。

上の素敵な画像はソース不明...。

くだん

Image
行ってきました九段の東京法務局。
買ってきました件の登記印紙

東京法務局の場合、印紙売り場は中にありました。3階にも4階にもありました。あと収入印紙も買いました。株式会社の設立登記に必要な登録免許税は資本金額の0.7%だそうで、資本金5円シロシベの場合0.035円なのかとおもいきや、最低金額が設定されていて15万円だそうです。株式会社設立には最低でも約20万円かかるのですが、その大部分がこれです。もう後に引けない感じになってきました。

煙草と珈琲と携帯

Image
喫煙所で缶コーヒーを飲みながら煙草をすってたら、携帯電話に電話がかかってきました。コーヒーを飲みながら煙草をすいながら電話すること数分。コーヒーと煙草と電話がほぼ同時に終わり、右手に電話、左手に空き缶を持ち、空き缶を捨てて部屋に戻ろうと、左手の空き缶をゴミ箱に入れるつもりが間違えて右手の電話を空き缶専用のゴミ箱に入れてしまいました。恐るべし深層心理。

今まで、灰皿と飲みかけのコーヒーを間違えてコーヒーに灰を落としたことは何度かありましたが、携帯を捨てたのはこれが初めてです。

このおあつらえむきのお写真は、カリフォルニア の Jessica さん撮影。

水平

Image
今日は京都で調査でした。昨夜は滋賀の実家に1泊し、今朝は6時起き、目覚めて着替えて台所に降りていくと、母に「一人で起きれるようになったんやなぁ...。」としみじみと言われてしまいました。もうすぐ30歳です。

全然話は変わりますが、写真ブログを始めてかれこれ4年ほどになります。振り返って写真を見てみると、自分では自覚していなかった自分の趣味や嗜好が見えてくることがあります。その一つが「水平好き」です。水平の写真の多いこと多いこと。水平っていいですよね?ってそんなこと言われても困りますね。

あと3週間

Image
もう3月です...。9日です...。
以前のエントリーで3月までの目標を宣言していましたが、ここで進捗状況を確認しておきたいと思います。

学位を取得するこれは達成したも同然。あと製本したものを提出したり配ったりするだけです。そういえば、先週の木曜に「明日朝一番で弊社経理部へ確認致します。」って言ったくせに、製本の業者さんからそれ以来連絡がなくてちょっとだけ不安です。でもまあ大丈夫です。
会社を設立する登記印紙のところでとまっています。はやく書類を準備して法務局に連絡しないといけません。そのうえ、登記した後も銀行や税務署、社会保険事務所に行ったり、そもそも会社経営のことなんて何も知らないので、いろいろ勉強しないといけません。とはいえ、「3月中の設立」にはきっと間に合います。
論文を投稿するで、問題の3つ目です。昨日一日かけて図表を作ったりしていたのですが、3月末日までの投稿ってどう考えても厳しいわけです。大まかな方針が決まって、「あとは書くだけ」の状態になれば、一から書くわけではないので、最後まで書ききるのに丸3日とにらんでいます。丸々使える日が3月末日までに3日ないなぁ。っていうか、丸3日ってのも随分と大胆な見積もりではあります。きびしい。

何がきびしいって、3つとも、3月末までに終わらせる意味があまりないことです。でもまあ、そんなこと言ってるといつまでもズルズル先送りするのが目に見えているので、あきらめずにもうちょっと頑張ります。

平等な愛とか永遠の愛とか

Image
先日届いた CLAE の靴たちです。4色もあったら毎朝悩むなぁ、どれも素敵だしなぁ、緑はさわやかで健康的で「セロリ色」って名前もいいし、黒は間違いがなくて一番長い付き合いになるし、白はちょっと不良っぽくてクールでかっこいいし、茶色は大人っぽくてシュっとしてていい感じだし、などと浮かれていました。

全部まんべんなく履こうと思っていたくせに、実際に履き始めてみるとお気に入り度にはっきり序列ができてきます。現在のランキングは、白→黒→緑→茶で、白が圧倒的に1位です。本当にどれもお気に入りで、1色しかなかったらバカみたいにそればっかり履くはずなのですが。しかもこのランキング、たったの1ヶ月間で変動しています。

「最近履いてなくてかわいそうだから緑ね」とか「今日は雨だから茶色ね」とか「今日は大事な日だから白ね」とか「今日の黒は輝いて見える」などとヒドいものです。

平等な愛とか、永遠の愛とか、無理だぜ、ぜったい。

ブラジル代表

今日の昼過ぎ、製本業者さんに原稿のファイルを送りました。そこからのやりとりが何だかちょっと面白かったです。

12:28
本文、表紙、背表紙のファイルをお送りします。園

13:06
データ受信しました。サイトウ

15:49
出力イメージを添付させて頂きますのご確認よろしくお願いします。ヤマワキ

15:58
全く問題ありません。よろしくお願いいたします。園

16:26
下記の件ヤマワキに伝えますのでよろしくお願いいたします。スズキ

16:58
新しい見積りになります。タカハシ

20:46
さきほどウェブサイトよりカードで決済しました。園

21:24
ご入金手続きありがとうございました。明日朝一番で弊社経理部へ確認致します。サイトウ

ちなみにこの間、15:19と15:38と16:51に業者さんと電話でやりとりしてて、名前を覚えていませんが毎回違う声です。驚異的なパス回しの早さです。ちなみに先方のメールアドレスは1つだけで、複数のスタッフが1つのメールアドレスを共有されてるみたいです。16:26のスズキさんのメールは必要ないのではないか、ヤマワキさんは今後再び登場するのか、既読・未読・返信済み・未返信、そして作業の進捗はどのように共有されているのか、興味は尽きません。

黒のレザーと金の文字と灰色の男たち

Image
学位論文の製本をしなくてはいけません。先輩方に聞いてみるといろんな製本屋さんの名前が出てきます。でも、調べて比べようにもウェブサイトを持っていない製本屋さんが多いので、電話するなり足を運ぶなりしないといけません。そんな中、オンライン入稿を受け付けている業者さんを発見。いまどきそりゃそうですよね。

値段的には、大学周辺の製本屋さんの場合1冊3000円~4000円が相場らしいのですが、こちらのオンラインの業者さんは約5000円。割高ですが、たかだか15部の製本ですし、時間を買うと思えば安いもの。オンラインで注文します。

時間を買うと思えば安いもの、と書いてみてふと考え込んでしまいました。僕の時間の値段って...。そして、時間を節約して何をどうしたいのかも、よくよく考えてみるとよく分からなくなってきます。最近、ミヒャエル・エンデの『モモ』をあらためて読みたくなって、amazonのカートに入れて、そのまま放置しています。今はどういうわけかゆっくり本を読む気分じゃなかったり、あまり家にいなくて宅配便を受け取るのが面倒だったりで注文してません。時間泥棒のお話を読む時間までも盗まれかかってるということなんでしょうかね。とはいえ、こんなことをグダグダ考えてブログを書く時間はあるわけですが。